スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FARCRY4

やっとこさ終わりましたw 現在58時間プレイてw


ストーリー
両親の故郷であるヒマラヤの小国「キラット」に
アメリカで死んだ母の遺灰を持って来た主人公エージェー・ゲイル
そこに行けば自分は何者なのかがよくわかる、との
言葉に導かれ足を踏み入れるのだった。



追記はネタバレと感想



モハン・ゲールキラット王族の側近だったのですが、
仲間だったパガン・ミンが王族を殺害し、自ら王を名乗ったことに憤慨し
反乱軍ゴールデンパスを作り、パガンと戦い始めます。

モハンパガンを油断させるため自分の妻イシュワリ・ゲールを彼の元へ差し向けます。
思惑通りパガンイシュワリを愛してしまい、子供まで作ってしまうのです。

自らが差し向けたとはいえ、あまりのことに腹を立てたモハン
エージェーの異父妹であるラクシュマナ・ミンを殺害。
その報復にイシュワリは夫モハンを殺害し、幼いエージェーとアメリカへ
亡命してしまいました。


遺言「私をラクシュマナへ連れて行って」を果たすために
キラットを訪れたエージェーは、現在もパガンと戦い続けるゴールデンパス
保守派のサバルと革新派のアミータで揺れ動いているのを知るのです・・・。



うーんw
毎回FARCRYシリーズは
正義の反対はまた別の正義
ってな感じですなぁw

私は結局サバルルート選びましたw
麻薬に頼るアミータルートは納得出来ない、のだけど
じゃあ具体的にどうすればこの国が豊かになるのかは
見えないんだよねぇサバルルート。

エピローグではアミータに味方した人々を殺害していくし。

相変わらず「うーん」と唸るのがFARCRYかとw

100%までもうちょいチマチマとプレイしていきますw

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダンピール

Author:ダンピール
月明かりの下で
( ´・ノェ・)コッソリ
生きている人です。

ダンピールが訛(なま)って
ダンボーと呼ばれたりしますw

ちなみに綴りはDHAMPIR

来訪者
最近記事
最新コメント
カテゴリー
自分と友達
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。