スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成19年 11月 07日 15時45分

それが彼女の最後の時間・・・。
11月06日 晴れ

仕事に昼から出て、夜に病院へ戻る。
祖母の意識がないそうだ。
反射なのか、私が手を握ると握り返してくる。
その手はとても温かかった。

11月07日 晴れ

何かあったら、すぐに電話するようにと
母と叔父に伝えて仕事に向かう。
販売業としては、店の中に立つ以上 涙は流せない。

仕事も終り、病院へ行く。
4階の病室まで階段を駆け上がる。

・・・・・

電気が消えたた病室。

・・・・・

ドラマのようだ。

・・・・・

昨日、顔を見た看護士さんがいたので話しかける。

・・・・・

「お昼に亡くなられました。」

・・・・・

祖母の家へ向かう。
母も叔父もやはり右往左往で
電話する事も出来なかったそうだ。

・・・・・

祖母の顔を覗きこむ。

さようなら おばあちゃん
私の心の中で、ずっと生きていて欲しい・・・。




後日談

悲しむ暇も ろくに無く・・・
通夜やら葬儀やらってとっても大変ですね・・・orz

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダンピール

Author:ダンピール
月明かりの下で
( ´・ノェ・)コッソリ
生きている人です。

ダンピールが訛(なま)って
ダンボーと呼ばれたりしますw

ちなみに綴りはDHAMPIR

来訪者
最近記事
最新コメント
カテゴリー
自分と友達
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。